ホリデイ・レッド・シードレス<輸入ブドウの品種

ホリデイ・レッド・シードレス(Holiday Red Seedless Grapes)

■ホリデイ・レッド・シードレス(Holiday Red Seedless Grapes)とは?

●アメリカ生まれの品種

ホリデイ・レッド・シードレス(Holiday Red Seedless Grapes)

ホリデイはアメリカのカリフォルニアにあるコロンバイン果樹園で開発され独占的に生産販売されている品種です。

晩生種のぶどうで、海外から輸入されている他の品種と同じく、種無しで皮後と食べられる赤ブドウとなっています。

●ホリデイの特徴

ホリデイも種無しで皮ごと食べられるのが大きな特徴ですが、裏返せば皮が薄く剥きにくいということです。ただ味や栄養面などを考えると皮ごと食べる方が良いでしょう。果肉は日本で一般的なブドウの食感とは違い、しっかりとした歯ざわりがあり、皮ごと食べるとシャキシャキした感じがします。とても甘く、酸味もあって、皮ごと食べるので少し皮の渋みも加わりとても美味しいブドウです。

●ホリデイの湯剥き

ホリデイの皮はそのままでは剥けません。でもトマトのように、沸騰させている熱湯の中で数秒間転がして、すぐに冷水に落とせば皮がツルッと剥けます。ケーキのトッピングやゼリー寄せなどにする場合はこの方法がお勧めです。

ホリデイ・レッド・シードレス(Holiday Red Seedless Grapes)

■ホリデイの収穫時期と旬は

●ホリデイの収穫時期と出回る旬の時期

ホリデイは輸入されているブドウの中では、レッドグローブに続いて11月下旬頃から12月に出回ります。

●輸入関税

輸入ブドウが近年大量に出回るようになりましたね。中でも11月から2月は安く店頭に並びます。それは輸入される際の税率がかかわっているんです。ブドウの輸入関税率は季節によって違い、3月から10月までは普通関税率で17%掛けられているのに対し11月から2月は冬場で国産のものが少ないことから7.8%とと低くなっているからなんです。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ホリデイ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。