さしゃ(サシャ)/美丘(みおか)<リンゴの品種

さしゃ(サシャ)

■さしゃ(サシャ)/美丘(みおか)とは?

●さしゃ(サシャ)から美丘(みおか)へ

さしゃ(サシャ)

さしゃは青森県弘前市の山下豊光氏が昭和52年に自分の農園で「ふじ」に「王林」及び「世界一」の混合花粉を交配して出来た実生の中から選抜育成された品種で、2002年に品種登録されました。

その後詳しいいきさつは分かりませんが、原田種苗会社に権利が譲られたようで、そこから美丘(みおか)という商標名で苗木が販売されるようになりました。とは言うものの。「さしゃ」という名称がある程度浸透しているからか、今でも「さしゃ」として店頭に表示されているのをよく見かけます。

●さしゃ(サシャ)/美丘(みおか)の特徴

さしゃ(サシャ)

さしゃは500gから600gほどの大型のリンゴとなっています。今回撮影した百貨店で売られていたものは300g前後のものでしたが・・・。

果実の形はやや球形に近く、ヘタの付け根のくぼみ(こうあ)が深く、その周辺にサビが出来やすいようです。表皮にワックス成分があまりつかない性質のため、すこしくすんだような色に見えます。

果肉はやや荒く感じますが、とてもジューシーで酸味が弱く甘みが強く感じられます。それと共にかすかに渋みが感じられるのも特徴のひとつです。

このリンゴは普通貯蔵性及び冷蔵貯蔵性が非常によく、それだけでなく、収穫してすぐはあまり甘みが感じられずさえない味のようですが、貯蔵することによって甘みが増し、美味しくなるとされています。今回試食したものも3月中旬ではありましたが、みずみずしくシャキシャキした食感で、とても美味しい状態でした。

さしゃ(サシャ)

■さしゃ(サシャ)の主な産地と食べ頃の旬

ミニふじ

●現在の生産者数

まだ青森県でしか栽培されていないようで、平成22年の記録では青森県の1.8haのみとなっています。非常に希少性が高いリンゴです。

●さしゃ(サシャ)の収穫時期と出回る旬

さしゃは11月上中旬に成熟し、収穫が始まります。出回りだすのは12月に入ってからで、4月頃まで見かけることが出来ます。貯蔵性が高く、ある程度貯蔵されてからの方が美味しくなるということもあり、食べ頃の旬は、1月から3月頃まででしょう。

旬のカレンダー

旬のカレンダー 11月 12月 1月 2月 3月 4月
さしゃ(サシャ)                                    

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。