夏明/夏あかり/ナツアカリ<りんごの品種

夏あかりリンゴ

■夏明(夏あかり/ナツアカリ)とは?

●「さんさ」×「陽光」 長野県生まれの新品種

夏あかりリンゴ

夏明(夏あかり)は1995年(平成7年)に長野県長野市において小口吉寿朗氏が「さんさ」に「陽光」を交配し生まれた実生から選抜、育成された早生品種で、2008年に品種登録されました。出願時の名称は「紅晴香」だったそうです。

まだ登場して数年しか経っていない新しい品種で、夏リンゴとして今後生産量が増えてくると思われます。

●夏明(夏あかり/ナツアカリ)の特徴

夏あかりリンゴ

夏明の果形は円錐形で王冠は無く、180~200gとやや小ぶりのりんごです。果皮の地色は黄緑で、日に当たっていた部分は赤く色付いています。

果肉の色は白く、リンゴらしいシャキットした食感があり、とてもジューシーで、さっぱりとした甘酸っぱい味が楽しめます。このリンゴが出回るのは暑い時期なので、この甘酸っぱさが丁度良く感じるのではないでしょうか。

■主な産地と旬

●主に長野県

夏明は長野県で生まれたリンゴで、まだ登場して間が無く生産量も限られています。現在市場に出荷されているのはそのほとんどが長野県産となっています。

●夏明(夏あかり/ナツアカリ)の旬

夏明は長野県において8月上旬に成熟するかなり早生の品種となっており、収穫は8月上旬頃から始まり、末頃までとなります。出回るのも8月中旬から下旬にかけての短い間です。

品種 7月 8月 9月 10月
夏明                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。