未希ライフ/ミキライフ < リンゴの品種

未希ライフ/ミキライフ リンゴ

■未希ライフとは?

●NHK大河ドラマ「いのち」に由来するリンゴ

未希ライフ/ミキライフ リンゴ

未希ライフは青森県弘前市において工藤清一氏が1981(昭和56)年に「千秋」に「つがる」を交配し、その実生を選抜・育成した早生種のリンゴで、1992(平成4)年9月に品種登録されました。

未希ライフと言う名前はNHK大河ドラマ「いのち」に由来しています。

1986(昭和61)年に放送されたこのドラマは、三田佳子さんが演じる高原未希という主人公が終戦直後に東京の自宅から焼け出され故郷の弘前に帰る汽車から話が始まります。このドラマの撮影にあたり、工藤清一氏がりんご樹の剪定法など、りんご栽培の演技指導に協力されたそうです。その事から主人公の「未希」と「いのち」=ライフとしてこの名前ができ、「りんごの未来に希望を」という願いが込められているそうです。

●未希ライフの特徴

果実の大きさは240~280gとやや小ぶりで、形は綺麗な円形をしている物が多いです。果皮は濃い赤に色付きやすく縞模様ははっきりとしていません。

未希ライフ/ミキライフ リンゴ

果肉の色は白が強い黄白色で、肉質はややきめが粗く、噛んだ感じはしっかりとした歯ざわりがあり少し固く感じますが果汁は多く、甘味と共にしっかりとした酸味が感じられ、爽やかなリンゴらしい美味しさがあります。お菓子作りにも向いたリンゴだと言えます。

リンゴ特有の酸化による変色が早く、皮を剥いたらすぐにレモン汁などをまぶさないとすぐに断面が茶色くなってしまいます。

■未希ライフの主な産地と旬

●主な産地と栽培面積

政府がまとめた特産果樹生産動態等調査によると、平成22年の未希ライフは全国で112.7haで作られており、そのうち約96%の108.6haが青森県となっています。その他には北海道と山形県がそれぞれ1.5ha、福島県が1.1haとなっています。リンゴ全体から見ると0.1%あまりと極限られた量となっています。

●収穫時期と旬

未希ライフの成熟期は育成地において9月上旬とされ、早生種のリンゴとなっています。収穫時期は8月下旬頃から始まり9月中旬頃までとなり、出盛りの旬は9月上旬から中旬となります。

品種 8月 9月 10月 11月
未希ライフ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。