リンゴの品種>ぐんま名月(めいげつ)

ぐんま名月(めいげつ)

■ぐんま名月(めいげつ)とは?

ぐんま名月(めいげつ)

●群馬県で生まれたリンゴ

ぐんま名月(めいげつ)は群馬県農業総合試験場北部分場(沼田市)において、「あかぎ」に「ふじ」を交配し選抜、育成されたもので、1991年9月に品種登録されました。育成地(群馬県沼田市)において10月下旬に成熟するやや晩生種である。

●ぐんま名月の特徴

果実の大きさはやや大きく280gから330g程、果皮の地色は黄緑から黄色で、日光が当たる加減によって赤く染まる部分が生まれます。

ぐんま名月(めいげつ)

果肉の色は淡黄色で、硬さ及びきめは中位で、糖度が15度程になり酸味が少なくとても甘く感じる上とてもジューシーでしかも蜜が入りやすい品種です。

基本的には無袋栽培に向いているとの事で、産地でも無袋で栽培されているようです。

■ぐんま名月(めいげつ)の主な産地と栽培面積

●全国のぐんま名月の栽培面積

平成21年の全国の栽培面積を見ると、生まれた群馬県がやはりトップで半分以上を占めています。

その他にはりんごの産地で知られる長野県、青森県と続きます。

全国の総計を見ても52haあまりしかなく、リンゴ全体から見ると0.2%にも満たない希少なリンゴといえます。

(※上のデータは生産量ではなく栽培面積で、単位はtではなくhaの間違いです。申し訳ございません。)

■ぐんま名月の収穫時期と食べ頃の旬

●ぐんま名月の収穫時期

ぐんま名月の収穫時期は産地にもよりますが、長野県や群馬県で10月下旬頃から始まり、青森県では11月初旬頃から始まります。収穫は半月から1ヶ月間ほどです。

●食べ頃の旬

貯蔵性はふじなどと比べるとそれほど良くは無く、収穫後2週間から長くて2ヶ月ほどと思ったほうが良さそうです。食べ頃の旬の時期は11月から1月頃まででしょう。数量も少ないので、市場に出回る期間も非常に短いので、見かけたら即買いしましょう。