こうこう<リンゴの品種

リンゴの品種>こうこう

■こうこうとは?

こうこう りんご

●群馬県で生まれたリンゴ

こうこうは青森県の塩崎雄之輔 氏によって「弘大1号」に「ふじ」を交配して育成された品種で、2008年4月に品種登録されています。親となった「弘大1号」、「ふじ」ともに赤いリンゴですが、このこうこうは熟しても黄色いリンゴとなります。

●こうこうの特徴

こうこう りんご

こうこうの外観は扁円形でどっしりとした形をしています。果皮の色は黄緑から黄色地で、物によって部分的に赤みが差しています。大きさは中位で,300gから400g前後となります。果肉の色は黄色みを帯びていてやや固く,しっかりとした歯ざわりが感じられますが、蜜が入りやすいリンゴで、酸味が弱いこともありとても甘く感じます。

基本的には無袋栽培に向いているとの事で、産地でも無袋で栽培されているようです。

◆品種登録データベースに記されているこうこうの特徴

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『--------果実の外観は扁円,王冠は中,がくの開閉は開,がくあの深さ,広さ及びこうあの深さは中,広さはやや広である。果実の大きさは中,果皮の地色は黄,被う色は紫紅,被う色の強さは淡,型は縞不明,量はかなり少である。さびの位置は側面,量は無~僅か,果点の大きさは中,密度は低,スカーフスキンは無,粗滑の程度は滑,果梗の長さは長,太さは細,肉こうの有無は無である。果心の形は平円,果肉の色は黄,硬さは硬,褐色化は弱,蜜の多少は多である。甘味はやや高,酸味は弱,果汁の多少は中,種子の形は倒卵,大きさは中である。

 発芽期,開花期は中,成熟期はやや晩で育成地において10月下旬,普通及び冷蔵貯蔵性は非常に長い,心かびの発生は少である。「金星」と比較して,果実が扁円形であること,さびの量が少ないこと等で,「メロー」と比較して,花の色が淡桃であること,果実が扁円形であること等で,「ぐんま名月」と比較して,果実が扁円形であること,がくの開閉が開であること等で区別性が認められる。--------』 以上、抜粋。

■こうこうの主な産地と食べ頃の旬

●まだまだ希少なリンゴです

こうこうはまだとても新しい品種で、栽培されている農家は非常に少なく、現在ではまだ青森県しか作っていないと思われます。

●こうこう りんごの収穫時期

品種登録のデータでは育成地(青森県南津軽郡藤崎町)において10月下旬頃に成熟する品種とされています。また、とても貯蔵性が高く、翌春まで美味しく食べられます。

●食べ頃の旬

貯蔵性が高く食べ頃の旬の時期は11月から3月初旬頃までと思われます。写真の物は3月10日に百貨店で買ったものですが、まだ美味しいと感じました。ただ、限界ぎりぎりかなと言う気もしました。数量も少ないので、市場に出回る期間も非常に短いので、見かけたら即買いしましょう。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。