弘前ふじ/夢ひかり<リンゴの品種

早生系ふじ 弘前ふじ<リンゴ/りんご

■弘前ふじとは?

早生系ふじ 弘前ふじ<リンゴ/りんご

●弘前で発見された早生系ふじ

弘前ふじは青森県弘前市の大鰐勝四郎氏が、自園に植えたふじの中から1984(昭和59)年に発見した枝替わりとされています。一般的なふじに比べ1か月程早く熟す早生系のふじで、品種登録はされておらず、広く栽培されるようになりました。

その後、JAつがる弘前によってブランド化も進められ、1999(平成11)年には糖度13%以上、内部褐変の有無、芯部分の検査などの基準をクリアしたものを「夢ひかり」として商標登録し首都圏などに出荷されています。

早生系ふじ 弘前ふじ<リンゴ/りんご

●弘前ふじの特徴

弘前ふじ/夢ひかりの果実の形は一般的なふじよりも丸い傾向にあり、大きさは平均300~350g程です。表皮の色付きはふじと変わらない感じで、全体に赤く色付きます。

早生系ふじ 夢ひかり(弘前ふじリンゴ)

果肉はふじに比べやや柔らかめで、糖度が上がりやすく、酸味は穏やかな傾向にあるとされ、中には蜜入りのものもあるようです。

●実際に食べた食味

「夢ひかり」とそうでない、単に「弘前ふじ」として販売されていたものをどちらも食べてみました。

右の写真は「夢ひかり」です。全体によく色付いた、大きさ320~340gのもので、断面の拡大写真を見ていただければわかるようにとてもジューシーです。歯触りは比較的軽やかで、それでいて果肉に粗さは感じませんでした。

味は、確かに酸味が穏やかですが、足りないという感じではなく、甘味とのバランスが程よい印象です。若干夢ひかりのほうが甘みが強く、歯触りがしっかりとして感じられましたが、いずれも美味しいリンゴだと思います。

■弘前ふじの主な産地と旬

●主な産地

主な産地はやはり青森県です。政府がまとめた平成23年産の栽培面積を見ると青森県が507.2haで全国の約86%を占めています。次いで福島県、岩手県などの東北や北海道が続き、7番目に長野県となっています。

●弘前ふじの収穫時期と旬

弘前ふじはリンゴ全体で見ると中生種ですが、ふじの中では早生系で、一般的なふじよりも一か月程早く成熟し、収穫時期は青森県では9月末頃から始まります。貯蔵性は冷蔵でひと月程とされていますが、その後には本命のふじが控えているので、食べ頃はふじの本番が始まるまでの10月の間という事になります。

旬のカレンダー 9月 10月 11月 12月
弘前ふじ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。