ファーストレディ<リンゴの品種

■ファーストレディとは?

●「さんさ」×「つがる」

ファーストレディは山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場・バイオ育種科によって1994(平成6)年に「さんさ」に「つがる」を花粉親として交雑させ生まれた実生から選抜育成されたリンゴで、2007(平成19)年に登録出願、2009(平成21)年に品種登録されています。

山形県の主導で開発されたオリジナル品種ではありますが、山形県だけのオリジナル品種とはせず、2010(平成22)年より苗木は全国に向けて販売され、このリンゴの知名度のアップが図られているところです。

●ファーストレディの特徴

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『果実の大きさは中、果皮の地色は黄緑、果皮を被う色は赤、果皮を被う色の量は多、果皮を被う色の型は少、さびの位置はがくあ,こうあ、さびの量は中、さび状果点は有、果点の大きさは中、果点の密度は高、スカーフスキンは少、果皮のろう質は少、果皮の粗滑の程度は中、果梗の長さは中、果梗の太さは細、肉こうの有無は有、果心の形は短円、果心の大きさは中、果肉の色は白、果肉の褐変化は弱、果肉の硬さは硬、肉質は粗、蜜の多少は少、甘味は中、酸味は弱、渋味は極弱、香気は少、果汁の多少は中、種子の形は倒卵、種子の大きさは大、発芽期はやや晩、開花期はやや晩、成熟期は早、普通貯蔵は中、冷蔵貯蔵はやや短、心かびの発生は極少である。 』

また農研機構のホームページには以下の通り記載されています。

『果形は円形で、果実重は300g前後である。果皮色は濃赤色で縞が入り、平坦地でも容易に着色する。肉質は硬く、歯ざわりが良い。糖度は14%前後、酸度(リンゴ酸換算)は0.3~0.4g/100ml程度で、甘味・酸味とも多く、早生種の中では食味が優れる。梗あ部とがくあ部にさびの発生が見られる。心かび、つる割れの発生はほとんど見られない。』

●実際に食べてみた食味

今回入手した物は山形県産のもので大きさは平均270gほどでした。噛んだ時の果肉の歯触りが良く、味は早生リンゴとしてはそこそこ甘味が強く、甘味酸味のバランスも良く感じられました。

■ファーストレディの主な産地と旬

●主な産地と生産量

政府がまとめた平成24年産の栽培面積をみると、現在の所、主な産地は山形県で65.3haで全国の95%を占めています。次いで長野県2ha、青森県1.8haとなっています。

●ファーストレディの収穫時期と旬

ファーストレディは山形県で8月末から9月上旬に成熟する早生種とされています。収穫もその時期に行われ9月初旬頃から下旬にかけて出回ります。

旬のカレンダー

旬のカレンダー 8月 9月 10月 11月
ファーストレディ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。