あいかの香り<リンゴの品種

あいかの香り<リンゴ

■あいかの香りとは?

あいかの香り<リンゴ

●長野県で生まれた「ふじ」の自然交雑種

あいかの香りは長野県長野市で藤牧農園を営む藤牧秀夫が、1972(昭和47)年に「ふじ」の自然交雑種子を200粒播種し、その実生の中から選抜、育成されたリンゴで、1998(平成10)年に登録出願、2001(平成13)年に品種登録されました。出願時の名称は長野県の藤牧氏の名前から「信州藤牧」と漬けられていましたが、登録名は藤牧氏の長女の名前「愛佳(あいか)」から名付けられたそうです。

●あいかの香りの特徴

あいかの香り<リンゴ

果実の大きさはやや大きめで、今回取り寄せた物は平均370g程でした。形はやや縦長の長球形で果皮の色は黄緑色の地に縦縞状に、赤く色付いています。

農林水産省の品種登録データには以下のように記載されています。

あいかの香り<リンゴ

『果実の外観は長円、王冠は弱、がくの開閉は中、がくあの深さはやや深、広さはやや狭、こうあの深さは深、広さはやや広、果実の大きさは大、果皮の地色は黄緑、果皮を被う色は赤、被う色の強さは中、型は縞明瞭、量は中、さびの位置はこうあ、量は無~僅か、さび状果点は有、果点の大きさ及び密度は中、スカーフスキンは無、果皮のろう質は少、粗滑の程度は中である。果梗の長さは長、太さはやや太、肉こうの有無は有である。果心の形は平円、大きさは中、果肉の色は黄、果肉の褐色化はやや弱、硬さ及びきめは中、蜜の多少は多である。甘味は中、酸味は弱、渋味は無、香気は中、果汁の多少は多、・・・』

食べた感じは、果肉の肉質はやや荒く、さくっとした適度な歯ざわりで、噛むと果汁があふれるようににじみ出てきます。今回のものは明瞭な蜜という感じではありませんが、黄色い果肉は見るからに甘そうに感じます。口に含んだとき、甘味が先に広がり、後からさっぱりとした酸味が感じられ、それにより全体に厚みのある美味しさを感じました。

■あいかの香りの主な産地と旬

●主な産地と生産量

主な産地は長野県で、政府がまとめた平成23年産の栽培面積で見ると、長野県が3.8haで最も多く、次いで青森県1.7ha 北海道1.5haとなっています。

●あいかの香りの収穫時期と旬

あいかの香りの成熟期はやや晩で長野県では10月中下旬となっています。収穫は10月下旬頃から11月にかけて行われます。貯蔵性はやや長いとされており、食べ頃の旬は11月初旬頃から春辺りまでとなります。

旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
あいかの香り                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。