津之輝(つのかがやき):旬と産地、食べ方と栄養価 

津の輝き(つのかがやき)

■津之輝(つのかがやき)とは

●タンゴールの一種

津之輝(つのかがやき)は(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所において「清見・興津早生」を種子親に「アンコール」を花粉親として交配し、育成されたタンゴールの一種で、2009年3月に品種登録されたまだ新しい柑橘です。

柑橘類の栽培地において路地栽培ができますが、施設栽培では200~250gの大果で外観が良好となることから、施設栽培が望ましいとされています。

●津之輝(つのかがやき)の特徴

津之輝(つのかがやき)

果実は平均180gとなり、やや扁平気味な球形で大きさは温州みかんと伊予柑の中間くらいです。

果皮は艶があり橙色から濃い橙色でやや赤味がかっており、やや凸凹が感じられます。

津之輝(つのかがやき)

皮は比較的剥き易く、じょうのうは薄いので温州みかんのようにじょうのうごと食べられます。またほとんど種子が無いのも嬉しいです。

果肉はプリッとした感じでとてもジューシーです。糖度は13度前後と高く適度な酸味が甘みを引き立て濃厚な味を楽しめます。

●津之輝(つのかがやき)の主な産地

津之輝は現在佐賀県や長崎県、大分県、宮崎県などの九州をはじめ、ミカンの産地として知られている各地でも栽培が始まっています。まだまだ新しい品種なので生産量は少なく、プレミア柑橘として扱われていたりもしますが、今後増えてくると思われます。

●津之輝(つのかがやき)の収穫時期と出回る旬

津之輝の露地栽培における完全着色期は11月下旬で収穫適期は1月下旬頃となっています。収穫は露地栽培で1月中旬~2月上旬にかけてで、少加温ハウス栽培では12月上旬頃からとなっています。

旬のカレンダー
品種 12月 1月 2月 3月
路地物                        
施設物                        

■津之輝の選び方と保存方法

●美味しい津之輝の選び方

色が赤みを帯びた濃い橙色で艶があり、ヘタの部分に青みが残っているものを選びます。持った時にずっしりと重みを感じる物の方が果汁が多く美味しいです。

●保存方法

保存性は良い方です。時期的に気温が高くないので、冷暗所においておくだけで大丈夫です。冷蔵庫に入れる場合は乾燥しやすいのでラップに包むか袋に入れて淹れるようにしてください。

■津之輝の美味しい食べ方

●皮は剥きやすく、ジョウノウごと食べられます

津之輝(つのかがやき)

津之輝の皮は比較的剥きやすいです。ミカンのように手で剥いても大丈夫です。ジョウノウも薄いのでそのまま食べられます。また、種が無いのも特徴です。

●ジュースに

とてもジューシーなので、果汁を絞りジュースやゼリー、シャーベットなどに適しています。

●ケーキのトッピングに

オレンジのような果肉をタルトやケーキのトッピングにすると彩が鮮やかです。ただ、果肉が柔らかいので房取りする際には注意が必要です。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします