ブルータン<プルーン

ブルータン<プルーン

●ブルータンとは

◆長野県生まれの晩生種プルーン

ブルータンはニッポン緑産株式会社が1991(平成3)年に長野県松本市にある樹園において、「シュガー」に対し「セネカ」、「イロクオイ」、「エドワーズ」、「キーカスブルー」他の混合花粉を交配し、その実生の中から選抜育成したプルーンです。

果形が短楕円で、大きさは中くらい、果皮色が青紫、果肉色が橙黄の育成地(長野県松本市)では8月中下旬に成熟する晩生種となっています。

1999年に登録出願、2002年に品種登録されています。出願時の名称は「ブライトン」となっています。

◆ブルータンの特徴

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『 - - - - - - 果実の外観は短楕円、果頂部の形はやや平、空洞はかなり小、梗あの深さは浅、広さは狭、赤道部の縫合線の深さ及び梗あ部の縫合線の深さは浅、果実の大きさは中、果皮の地色は青紫、着色は黒紫、濃さは濃、形は全面、果粉の多少は多である。果肉の色は橙黄、変色は中、果肉の硬さは軟、繊維の多少は多、粗密は中、果汁の多少及び甘味は多、酸味は中、渋味及び苦味は無、香気は少である。- - - - - - -』以上抜粋。

●ブルータンの主な産地と旬

◆主な産地

政府がまとめた平成25年産の栽培面積では、長野県の1haのみとなっています。

◆ブルータンの収穫時期と旬

産地や天候にもよりますが、早いところは収穫は8月下旬ごろから始まります。最盛期は9月上旬から中旬にかけてとなります。

品種 7月 8月 9月 10月
ブルータン                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。