パープルアイ<プルーン(西洋すもも)

パープルアイ<プルーン(西洋すもも)

■パープルアイとは?

●来歴不明

パープルアイ<プルーン(西洋すもも)

パープルアイの来歴は現在調べた限りでは不明で、調査中です。

大玉のプルーンで生産量は多くはありませんが、知る人ぞ知る生食が美味しいプルーンと言われています。

●パープルアイの特徴

パープルアイの果実は100g前後と大きく中には150g程になるものもあるようです。形はふっくらと丸みのある楕円で表皮はプルーンにしては色が薄い赤紫色です。

果肉は黄色で、適度に熟すと柔らかくジューシーで糖度も16~18度まで上がります。酸味少ないのでより甘さを強く感じます。

パープルアイ<プルーン(西洋すもも)パープルアイ<プルーン(西洋すもも)

■パープルアイの主な産地と旬

●主な産地と生産量

パープルアイ<プルーン(西洋すもも)の生産量

主な産地は北海道となっています。政府がまとめた平成24年産の栽培面積には北海道と山形県、そして長野県の実となっています。

●パープルアイの収穫時期と旬

パープルアイの収穫時期は産地にもよりますが、8月の下旬20日前後辺りから始まり、遅い所では10月初旬頃まで続きます。旬は8月下旬から9月一杯となります。

旬のカレンダー

品種 7月 8月 9月 10月
パープルアイ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。