ユウカ/優香<メロンの品種

ユウカメロン/優香メロン/アムさん

■ユウカメロンとは?

●表皮が黄色っぽい緑肉ネット系メロン

ユウカメロン/優香メロン/アムさん

ユウカメロンは財団法人日本園芸生産研究所が1990年(平成2年)に発表した緑肉ネット系メロンです。同じタイミングでタカミメロンもここから発表されています。

ユウカメロンは栽培が難しく、量産に向いていない事や、熟すと表皮の色が黄色くなり、これが一般受けしなかったこともあり、市場にはあまり出回っていません。しかし、その味の良さが見直され、珍しさも相まって産地によってはブランド化もされています。

●ユウカメロンの特徴

ユウカメロン/優香メロン/アムさん

日本園芸生産研究所のホームページには以下のように記載されています。

『収穫2~3日前から果皮が緑色から黄褐色に変わり始め、収穫適期を「色」で知らせるユニークなメロンです。また、黄化の進行に伴い香りが発生しますが、一般流通に必要な貯蔵・輸送性も合わせ持っています。しかし黄化が進み過熟になると、へた落ちすることもあります。
 果肉は厚く緑色で特有の香りがあります。また皮際まで軟化し軟質多汁で可食部が非常に多く、糖度は16~17、発酵性はないので、適食期間が数日続きます。』

以上。また、このメロンは平均糖度が16前後ととても高く、写真のように種の部分が小さく、その分果肉がたっぷりと詰まっています。香りもとてもよく、そこから「優香=ゆうか」と命名されたのだとか。

●ユウカメロンを実際に食べてみた食味

ユウカメロン/優香メロン/アムさん

今回入手したのは滋賀県産の物です。確かに甘い香りが強く感じられ、表皮の色は黄色く熟した感じになっています。頭のヘタの部分が取れて黒ずんでいますが、これは完熟している証拠だそうです。

切ってみると、一見しっかりとした感じに見える果肉は、食べてみるととても柔らかく口の中でほぐれ、甘い果汁が口の中に芳醇な香りと共に広がりました。これは甘い!アムスメロンなどとは明らかに違った食味で美味しいです。

発酵性が無いとの事ですが、試しにカットした物を冷蔵庫に保存してみると、1週間置いていたにもかかわらず美味しく食べる事が出来ました。

■ユウカメロンの主な産地と旬

●主な産地と生産量

青森県のつがりあんメロンで知られる「アムさんメロン」は津軽で作れれたユウカのブランド商標です。また、鹿島アントラーズ

その他茨城県をはじめ、全国で作られていますが、その生産量は少なく、希少性が高いメロンとなっています。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。