マンゴスチン:特徴や主な産地と旬

マンゴスチン

■マンゴスチンとは?

●フクギ科フクギ属  (英)Mangosteen  (仏)Mangouste

マンゴスチンはフクギ科フクギ属の南国フルーツで、タイなど、主に東南アジアで産します。冷凍品は通年手に入りますが、これまで、植物防疫法の関係で、主な生産国のタイからフレッシュでは輸入できませんでした。2003年にそれが解禁になり、生で美味しいマンゴスティンが食べられるようになりました。他にもフレッシュ物はコロンビア産などもありますが、数は非常に少ないです。

●果物の女王とも言われています

マンゴスチンの果実は球形で、ゴルフボールを一回り大きくしたくらいです。果皮は木質で厚みがありますが、それほど固くは無く、手で剥くことが出来ます。果肉は、ライチのような半透明の乳白色で、何ともいえない甘みと酸味を持ち、その食感は柔らかく口の中で溶けていき、「果物の女王」と言われています。ちなみに、「果物の王様」と呼ばれているのはドリアンです。

●南の国での楽しみの一つ

マンゴスチンをはじめ、ライチやランブータンなどは国内ではなかなか新鮮な生の物は手に入りづらく、また効果だったりしますね。タイなど南の国に旅行に行くと市場などで採れたての生のマンゴスチンやライチが山積みされ、とっても安く売られているので、たっぷり買い込みホテルなどに持ち込んで楽しむのが私の楽しみの一つです。

■マンゴスチンの主な産地と旬

●マンゴスチンは国内では作られていません

マンゴスチンは熱帯地方に適した植物で、日本では沖縄でさえまだ栽培に成功していません。なので、流通している物はすべて輸入されたものとなります。

輸入物のほとんどはタイ産の物です。近頃は時期になるとスーパーなどでもフレッシュの物を見かけるようになりましたね。

●フレッシュのマンゴスチンが出回る時期

タイから美味しい生のマンゴスチンが入ってくるのは5月頃から7月頃までの間になります。

旬のカレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
マンゴスチン(タイ)