カラマンダリン:特徴と旬の時期や主な産地

カラマンダリン 断面

■カラマンダリンとは?

●ミカン科ミカン属

和歌山県産 カラマンダリンの断面

カラマンダリンはミカン科ミカン属の柑橘で、正式には「カラ」という名称が付けられています。カリフォルニア大学のフロスト博士が、尾張系温州ミカンとキングマンダリンを交配し育成して1935年に生まれた品種です。

日本での栽培はかなり早く、昭和30年に田中長三郎博士が種子を導入し三重県で栽培をはじめたのがはじめだとされています。他の温州ミカンなどと比べ熟すのが遅く、4月頃に収穫し、酸を落ち着かせてから5月頃出荷する極晩生種のミカンです。

●カラマンダリンの特徴

皮をむいたカラマンダリン

カラマンダリンは見た目が温州ミカンに近く、大きさも同じくらいです。表面が少しデコボコしている物が多く、見劣りしがちですが、食べてみるとこれが意外に濃厚な甘味とそれを支えるしっかりとした酸が感じられ、とても美味しい。皮はミカンのように剥きやすく、ジョウノウも薄く温州ミカンのように食べられます。

様々な柑橘類の中では、最も樹になっている期間が長いため果汁がとても濃厚で、しかもジューシーです。

■カラマンダリン主な産地と旬の時期

●カラマンダリンの産地と生産量

カラマンダリンは主に愛媛県で栽培されており、全国の約半分を作っています。また、当初栽培が始まった三重県や、ミカンの産地和歌山県の有田地方でも栽培されています。

愛媛県の中でも、生産量の約9割は松山市が占め、「まつやま農林水産物ブランド」に認定されています。

●カラマンダリンの収穫期と出回る時期

和歌山県産 カラマンダリン

カラマンダリンは4月の初め頃から収穫が始まり、その後2週間から1か月酸を抜くために貯蔵されて、4月下旬頃から出荷が始まります。

●カラマンダリンの食べ頃の旬の時期

美味しいカラマンダリンが沢山出回る旬の時期は5月一杯です。生産量自体が少なく、産地も限られているため、旬の時期はとても短い果物です。

旬のカレンダー
カラマンダリン 3月 4月 5月 6月
収穫時期                        
食べ頃                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。