リンゴの品種:北斗(ほくと)の特徴や旬の時期と主な産地

北斗/ほくと‐リンゴ

■北斗(ほくと)とは?

●北斗(ほくと)は「ふじ」と「陸奥」の交配種とされていましたが・・・

北斗/ほくと‐リンゴ

北斗(ほくと)は1983年(昭和58年)に中生種のリンゴとして品種登録されましたが、その時点では「ふじ」に「陸奥」を掛け合わせて生まれたとされていました。しかし、近年になって青森県りんご試験場(現在の地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)における遺伝子診断(DNAマーカー)の結果、「陸奥」の遺伝子が無が含まれていないことが判明しています。実際の花粉親が何であったのかはいくつかの説が上がっているようで、「東光」と「リチャードデリシャス」から生まれた「レロ11」、もしくはその組み合わせの別系統が花粉親と考える説の他、青森県のホームページでは「印度」が有力候補とされています。

数あるリンゴの中でも非常に食味がよくトップクラスとされています。ただ、栽培が難しく手間もかかることなどから生産者は少なく、リンゴ全体に占める割合はほんの数%程度にとどまり、一般市場に出回る数は極僅かな品種です。

●北斗(ほくと)の特徴

北斗/ほくと‐リンゴ

北斗(ほくと)の果実の大きさは350g~400g程で、丸い球形から楕円形をしており、果皮は赤から赤紫色で有袋栽培と無袋のサン北斗があります。

最も大きな特徴は果肉の質で、緻密でやや固めの果肉にはたっぷりの果汁が含まれ、甘みと酸味が濃厚にバランスをとっている感じがします。また密入りになりやすい性質を持っています。

■北斗(ほくと)の主な産地と食べ頃の旬

●北斗(ほくと)の主な産地

りんご北斗の全国委の栽培面積を表した表と円グラフ

北斗はそのほとんどが青森県で作られています。

平成25年産の統計データで見ると青森県が全国の88%を作っています。次いで岩手県と北海道となっています。

この平成25年産の政府のデータで見る限り、北斗はリンゴ全体の1.5%ほどの面積でしか作られていません。

●北斗(ほくと)の収穫時期と食べ頃の旬

北斗(ほくと)の収穫期は10月下旬頃から11月末頃で約1カ月間ほどです。貯蔵期間は長くなく、遅いものでも3月頃までしか流通していません。食べ頃の旬の時期は10月下旬から12月といえます。

旬のカレンダー 10月 11月 12月 1月
北斗(ほくと)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。