長崎早生(ながさきわせ)<びわの品種

長崎早生(ながさきわせ)

■長崎早生(ながさきわせ)とは?

●長崎県生まれの早生品種

長崎早生(ながさきわせ)

長崎早生は長崎県で「茂木」と極早生種の「本田早生」を交配し育成された早生品種で、1976年(昭和51年)に品種登録されました。

早生ビワの代表的な品種で、長崎県では主にハウスで栽培され、早いものだと1月頃から収穫が始まります。

主な産地は長崎県と鹿児島県で、鹿児島県では露地栽培も行われています。また、和歌山県でも栽培出荷されています。

●長崎早生(ながさきわせ)の特徴

ビワ 長崎早生(ながさきわせ)

長崎早生の果実は親となった茂木とよく似ています。傾向としては、茂木よりもやや赤みが濃い橙色をしていています。大きさは40g~50g程の物が多いようです。

果肉はジューシーで、糖度は茂木よりも高く12度前後で安定していて、食感、味共に美味しいビワです。

田村ビワ 長崎早生(ながさきわせ)

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。