キツネメバル/きつねめばる/マゾイ:生態や特徴と産地や旬

キツネメバル/狐眼張/マゾイ/きつねめばる

●キツネメバル(マゾイ)の生態や特徴

◆キツネメバルとは

分類:動物界 - 脊索動物門 - 脊椎動物亜門 - 有顎上綱 - 魚類 - 条鰭綱 - 新鰭亜綱 - 真骨下綱 - 棘鰭上目 - カサゴ目 - カサゴ亜目 - フサカサゴ科 - メバル亜科 - メバル属(日本海洋データセンターより)

学名:Sebastes vulpes Döderlein, 1884

和名:きつねめばる/狐眼張

英名:Fox jacopever

別名:マゾイ

キツネメバル/狐眼張/マゾイ/きつねめばる

 キツネメバルはウスメバルなど一般にメバルと呼ばれる魚と同じフサカサゴ科メバル属の一種で、市場ではクロソイなどと共に単にソイとして扱われることも多いが、その中では最も味がいいと言われ「マゾイ」とも呼ばれている。

◆キツネメバル(マゾイ)の生態

 キツネメバルは千北海道南部辺りから南は九州西岸辺りまでの日本海沿岸、及び中部辺りまでの太平洋沿岸、それに瀬戸内海に分布し、比較的浅い水深100m程までの岩礁域や根が点在する砂泥底などで甲殻類、多毛類、それに大きく成長すると小魚も捕食し生息する。

 メバルと同じく卵胎生で、晩秋から冬にかけて沖合の深場で交尾し、春には浅い沿岸に寄り初夏頃稚魚を出産する。成熟には4~5年かかるとされ、寿命は10年以上で、35年物という記録もあるらしい。

◆キツネメバル(マゾイ)の特徴

キツネメバル/狐眼張/マゾイ/きつねめばる

 キツネメバルは成魚で30~45cm程。メバル属なので、全体的な体形はメバルと同じで体に対して頭部やヒレが大きい。

 クロソイとの見分けは涙骨の突起で、写真のように波状になっているのがキツネメバルで、3つ鋭く尖った棘状になっているのがクロソイである。

キツネメバル/狐眼張/マゾイ/きつねめばる

 体色は暗灰色の地に黒っぽい小斑紋が無数にあるとされるが、個体によっては暗褐色の地に白い斑点が点描画のように散っているようにも見え、それらの斑紋の濃淡によってぼんやりとした帯状に横縞になっている。ただ生息環境などにより紋様や色はかなり違いがあるようで、クロソイなどとの見分けが難しい。また、タヌキメバルと呼ばれているものもおり、キツネメバルの中の一つのグループとも考えられている。

●キツネメバル(マゾイ)の主な産地と旬

◆主な産地と漁獲量

 キツネメバルはクロソイと生息場所が重なっており、北海道や青森県など、北国での漁獲が多く、太平洋側よりも日本海側で多く漁獲されている他、まとまった量にはならないようだが北陸から山陰にかけての日本海沿岸や中部辺りまでの太平洋沿岸でも漁獲されている。

◆キツネメバル(マゾイ)の漁獲時期と旬

 キツネメバルは定置網や刺し網、底建て網、釣りなど様々な漁法で漁獲されているが、この魚だけを目的とした漁は無く、色々な魚と共に混獲され水揚げされるため量的な差異はあるが一年を通して市場には出荷されている。漁獲量が多いのは沖合と沿岸を移動すると思われる秋から初冬にかけてと、春から初夏にかけての年に2回ピークがある。

 初夏に獲れる雌はおなかの中に仔を抱えているものも多く、食べて美味しい旬の時期は晩秋から冬。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
キツネメバル(マゾイ)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP