ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ:生態や特徴と産地と旬

ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ

●ヒメダイの生態と特徴

◆分類と生態

スズキ系スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属

学名:Pristipomoides sieboldii

英語:Lavender jobfish

ヒメダイ(姫鯛)はフエダイ科の魚で、西太平洋から東インド辺りの沿岸や大陸棚に分布し、水深100~200mの岩礁帯で甲殻類や小魚などの小動物を捕食し生息しています。日本近海では伊豆諸島から西日本の太平洋沿岸九州の西岸、から沖縄にかけて一本釣りや延縄漁などで漁獲されています。また、釣りの対象魚としても知られています。地方により、「オゴダイ」や「チビキ」「チイキ」とも呼ばれています。

◆沖縄での呼び名はクルキンマチ

ヒメダイは南方系の魚で、沖縄では比較的よく獲れる魚で、「クルキンマチ」と呼ばれています。沖縄ではよくフエダイ科の魚に「~マチ」という名称が付けられています。ハマダイも「アカマチ」と呼ばれています。

◆ヒメダイ(姫鯛)の特徴

ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ/クルキンマチ/チビキ ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ

ヒメダイは成魚で40~50cm程の魚で、体形は細長い紡錘形で、尾びれが綺麗なV字型に二叉しています。この写真では見えませんが背ビレと尻ビレはともに最後尾の軟条が長く伸びているのが特徴です。

ヒメダイの体色は色が濃いものからやや薄いものまで多少個体差がありますが、背側がボルドーに近い赤紫で、腹は薄いピンクをしており、エラの外側から尾の付け根まではっきりとした側線が見られます。

●主な産地と旬

◆主な産地

ヒメダイの正確な漁獲量は集計されていないようで不明ですが、主な産地は沖縄から尖閣諸島周辺、それに八丈島から小笠原周辺や、近いところでは高知県や鹿児島県などで多く漁獲されています。

漁獲量はそれほど多くはなく、味の良さなどもあって高級魚として扱われています。

◆ヒメダイの漁獲時期と旬

沖縄県水産試験場の資料によると、沖縄周辺でのヒメダイの産卵期は5月から9月がピークとされています。

ヒメダイの身が美味しい旬は産卵期に向け、盛んに餌を捕食し身を充実させる春先から初夏にかけてではないでしょうか。ただ、高知県など産地によって初夏から夏にかけて漁獲され旬とされるなど、地域差がありそうです。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ヒメダイ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP